精神的なストレス | 女性の薄毛の原因



ストレスで血管が収縮される

ストレス 女性の薄毛が増加している背景には、ストレスが要因にあると言われています。

女性の社会進出が進むようになり、ストレスに晒される機会が増えているのが薄毛の増加の遠因というのです。

ストレス社会と言われる現代社会、ストレスといかにうまく付き合うかが重要なテーマとなります。

ではなぜストレスが薄毛の原因となるのでしょうか。

まず頭皮の血行不良をもたらす点。ストレスは血管を収縮させる働きを持っています。

ストレスの蓄積、つねに不安や緊張に晒されている状態が続くと血行が滞ってしまい、
発毛・育毛に必要な栄養分が毛根部にまで届かなくなってしまいます。

頭皮をチェックしてみて、赤い状態になっていたら要注意です。

ホルモンバランスの乱れで炎症をもたらす

それからホルモンバランスの乱れ。ストレスによって自律神経に乱れが生じると、ホルモン分泌にも乱れが生じます。

まず男性ホルモンの増加。ストレスによってヒゲが生えてくる女性が増えているとも言われていますが、 男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やすほか、脱け毛を促進する働きも持っています。

女性にとってはとくに前者が大きな問題で、過剰な皮脂が毛穴を詰まらせ、炎症をもたらすことで脱け毛を増やしてしまうのです。

また、ホルモンバランスの乱れによって、毛根に栄養素が運ばれにくくなるとも言われています。

このように、ストレスは脱け毛・薄毛と密接な関わりがあります。 とくに女性の場合は日常生活の問題が薄毛の問題となるケースが多いだけに注意が必要です。

薄毛が気になる人はまず自身のストレス環境を見直してみるとよいでしょう。



スポンサード リンク