睡眠不足と夜更かし | 女性の薄毛の原因



睡眠不足だと成長ホルモンの分泌量が減る

睡眠不足 女性の薄毛の原因として睡眠不足も考えられます。

社会に進出して働く女性が増えている現在、睡眠不足が大きな要因としてクローズアップされています。

また、テレビやインターネットなどで夜更かしをすることも薄毛の原因になるといわれています。

睡眠不足と薄毛の関わりでまず第一に挙げられるのが成長ホルモンの分泌不足。

毛髪はたんぱく質をおもな原料としていますが、これは成長ホルモンの影響を受けることで生成され、成長していきます。

この成長ホルモンの量が十分でないために細く、弱い髪になってしまい、 その結果、
寿命が短くなり脱け毛・薄毛の原因をもたらしてしまうのです。

この成長ホルモンはおもに睡眠中に分泌されます。 そのため、十分な睡眠が取れていないと成長ホルモンの分泌量も減ってしまい、毛髪を育てる環境ではなくなってしまうのです。

午後10時までに寝る習慣をつけよう

それから時間帯。成長ホルモンがとくに大きく分泌される時間帯があります。

それが午後10時から午前2時までの間で、 この間に睡眠をとっているかどうかによって成長ホルモンの分泌量が大きく異なってくるのです。

ですから睡眠不足だけでなく、夜更かしも薄毛をもたらす原因となります。

もちろん、睡眠不足による疲労やストレスの蓄積が頭皮の健康状態やホルモンバランスを乱し、 脱け毛の原因となる点も忘れてはなりません。

このように、薄毛対策には充実した睡眠環境が求められます。

大人の女性にとって午後10時の就寝はちょっと厳しいかもしれませんが、 できるだけよいタイミングで眠ること、十分な睡眠を確保することが重要なポイントとなってくるでしょう。



スポンサード リンク