不規則な食生活 | 女性の薄毛の原因



脂肪分・糖分を取り過ぎない

偏食 食生活が女性の薄毛の原因となっているケースも非常に多いといわれています。

ダイエットの影響はもちろんですが、日常の食生活そのものに問題がある場合も多いのです。

女性の薄毛と食生活との関わりでは、摂取を避けた方がよい食事・食材と、 できるだけ摂取を心がけたい食事・食材の2つの面がポイントとなってきます。

まず避けた方がよいものとしては過度や脂肪分や糖分が挙げられます。

これらは皮脂の分泌量を増やしてしまい、毛穴を詰まらせたり、炎症をもたらすのなどの要因をもたらしてしまいます。

またジャンクフードやスナック菓子などもできるだけ避けるようにしましょう。

コンビニでついつい多めに買ってしまい、夜中にカップラーメンやケーキ類を食べてしまう女性がいますが、 健康面からもよろしくありません。

アミノ酸が不足しないように気をつけよう

逆に摂取したいものとしてはアミノ酸がまず第一に挙げられます。
とくに体内では生成されず、外部から補わなければならないのが必須アミノ酸。

アミノ酸は、毛髪を作っているケラチンの原料となるたんぱく質の一種です。
このアミノ酸が不足すると毛髪の生成が妨げられてしまい、薄毛の原因となるのです。

必須アミノ酸は9種類あり、それぞれ多く含まれている食材が異なるため、 日々の食生活の中でうまく取り入れていくことが重要になります。サプリメントで補うのもよいでしょう。

このように、食生活では過剰摂取と不足の両方に注意して薄毛対策を行っていく必要があります。

偏った栄養バランスがホルモンバランスを乱してしまう場合もあります。 とくにダイエットを行う際には注意が必要でしょう。

1人暮らしをしている女性は、自身の栄養状態や日々の食生活を見直すところからはじめてみてはいかがでしょうか。



スポンサード リンク