喫煙・飲酒に注意 | 女性の薄毛の原因



たばこは今すぐやめよう

禁煙 近年増えているといわれている女性の薄毛、その原因の大半は生活習慣にあると言われています。

脱け毛・薄毛をもたらすような習慣にはさまざまな種類がありますが、その中でももっとも注意が必要なのが喫煙です。

タバコに含まれているニコチンには血管を収縮させる働きを持っています。

また、悪玉コレステロール値を増やし、血管を詰まらせやすい環境にする働きもあります。

その結果、血行不良をもたらし、毛根部に栄養が十分に行き渡らなくなってしまうのです。 そして発毛・育毛も妨げられ、脱け毛ばかりが目立つ状況になってしまいます。

もうひとつ、注意が必要なのが喫煙によるビタミンCの消費。 ニコチンはビタミンCを破壊する働きを持っています。

老化を防ぐ抗酸化作用を持つビタミンCが失われることで、 頭皮に生じた炎症が治りにくくなるなど、薄毛になりやすい環境を作ってしまいます。

お酒は適量を守って

禁酒 それからアルコール。過度の飲酒も要注意です。

摂取したアルコールは肝臓で分解されることになるのですが、その際にはシステインやメチオニンといったアミノ酸が消費されます。

この2つのアミノ酸は毛髪の原料にもなるもで、それがアルコールの分解に回されてしまうことで毛髪が作られるサイクルが乱れてしまうのです。

ただし飲酒の場合、適度な摂取は血行促進をもたらすため、必ずしも悪いものというわけではありませんが、 過度な摂取に注意する必要があるでしょう。

このように、薄毛対策には禁煙は大前提、飲酒も適度に抑えた生活習慣が求められます。



スポンサード リンク