女性の薄毛の原因とは



脱毛症の種類記事一覧

  • びまん性脱毛症・・・女性の薄毛で最も多く見られるのが「びまん性脱毛症」です。全体的にまんべんなく薄くなっていくのが特徴で、原因の多くは生活習慣にあります。
  • 分娩後脱毛症・・・女性の場合、出産後に急激に脱毛が進行することがあります。この「分娩後脱毛症」は半年から1年程度で自然回復するので、それほど心配はいりません。
  • 牽引性(けんいんせい)脱毛症・・・女性は長い髪を結ぶ人が多いので「牽引性脱毛症」になりやすいという問題があります。きつく結んでいる人は少し緩めて、血流が滞らないようにしましょう。
  • 批糠性(ひこうせい)脱毛症・・・フケの発生で毛穴が詰まると、雑菌が繁殖して「批糠性脱毛症」になる場合があります。自分でケアするのは難しいため、気になる症状があればすぐに皮膚科を受診しましょう。
  • 脂漏性(しろうせい)脱毛症・・・皮脂が毛穴を詰まらせ、炎症を起こすことによって生じる脱け毛が「脂漏性脱毛症」です。ストレスや食生活の乱れ、シャンプーの選び方などに注意する必要があります。