牽引性(けんいんせい)脱毛症とは | 脱毛症の症状・原因・治療

「30代女性の薄毛対策ガイド」トップ → 女性の脱毛症の種類 → 牽引性(けんいんせい)脱毛症



髪を結ぶ女性は特に注意

脱毛症とは通常、頭皮を含めた体の内面の問題が原因で生じるものです。
しかし中には純粋に外部からの影響によって生じるものがあります。

そんな特殊なタイプが牽引性脱毛症です。
これは特に女性に多い症状としても知られています。

牽引性脱毛症とはその名の通り、髪の毛を引っ張ることによって髪の毛が抜けてしまう症状です。

髪の毛を強く引っ張れば抜けるわけですが、一度で抜けるような強い力でなくても、 少しずつ毛髪に負担をかけるような力で引っ張り続けることで毛髪が弱ってしまい、やがて抜けてしまうのです。

なぜこのような状態になるのでしょうか。それは髪型が大きな要因となっています。

毛髪が長い場合、髪の毛をまとめたり結ぶ髪型をする場合をします。
その際に無理に髪の毛を引っ張って結んだ場合、長時間にわたって牽引される状態が続いてしまいます。

それが毛髪にダメージをもたらし、脱け毛をもたらしてしまうのです。
そのため、牽引性脱毛症は抜けやすいところと抜けにくいところがあります。

髪の毛が切れる音を逃さないように

もっとも注意が必要なのが前髪。とくに前髪をひっ詰めてまとめる髪型は要注意。

引っ張る力でかなりの負担がかかることになります。 ただでさえ髪の生え際は髪の毛が細くなっていますから、脱け毛が増えやすくなります。

この脱毛症が女性に多いといわれるのも髪の毛が長く、結ぶケースが多いからです。

髪の毛をまとめている際にブチブチと髪の毛が切れる音が聞こえる場合には、 牽引性脱毛症のリスクを頭に入れた方がよいでしょう。

日常生活の習慣がもたらす脱毛症だけに注意が必要です。



スポンサード リンク