髪を傷めない正しいシャンプーの方法

「30代女性の薄毛対策ガイド」トップ → 薄毛の予防と対策 → 正しいシャンプーの方法



頭皮にダメージを与えない洗い方とは

洗髪,シャンプー 薄毛対策には正しいシャンプーの方法が欠かせません。
にも関わらず多くの人が誤ったシャンプーを行い、頭皮にダメージをもたらしてしまっている状況です。

毎日行うことだけに、積み重ねが結果に大きな影響を及ぼすだけに、正しい方法を把握しておきたいものです。

正しいシャンプーの方法はシャンプーを使用する前からはじまります。プレシャンプー、予洗いと呼ばれるものです。 汚れの7割ほどはこの前段階の予洗いで落とすことができるといわれます。

また、しっかりとシャンプーを泡立てるためにも非常に重要なステップとなります。 毛髪と頭皮を満遍なく濡らし、汚れを落とし、シャンプーが浸透する環境を作っておきましょう。

そのうえで実際にシャンプーを使用します。この際に重要になるのが事前に泡立てておくこと。 いきなりシャンプーを毛髪につけるのではなく、あらかじめ手の平でよく泡立ててから使用します。

それによってシャンプーの効果を高めることができるうえ、頭部全体にシャンプーを行き渡らせることができます。

すすぎは丁寧にしっかりと

実際に洗う際のポイントとなるのは擦りすぎないことと、頭皮のマッサージも意識して行うこと。 汚れを落とそうと意識しすぎるあまりゴシゴシと強く擦ってしまうと逆効果、頭皮にダメージをもたらしてしまいます。

マッサージをするように優しく洗っていくことで毛穴の奥の汚れをかきだし、さらに頭皮の血行促進、リラックス効果などを得ることができます。

そして最後はすすぎ。すすぎを十分に行わないとシャンプーの成分が毛穴の奥に残ってしまい、新たな脱毛の原因となります。 しっかとりすすぎを行うようにしましょう。



スポンサード リンク