シャンプーの種類と長所・短所



選ぶべきシャンプーの種類は違ってくる

シャンプーとリンス 薄毛対策にシャンプーを活用する場合、シャンプーの方法だけでなく製品の選択も重要なポイントとなってきます。

薄毛に悩まされている人、あるいは頭皮の状態ごとに選ぶべきシャンプーの種類が異なってくるからです。

そのためにはシャンプーにはどのような種類・選択肢があるのかをあらかじめ知っておく必要があります。

それぞれの特徴とメリット・デメリット

シャンプーの分類方法はいくつかありますが、薄毛対策・育毛目的においてはとくに原料による分類が重要です。

もっともよく知れているのが石油系と呼ばれるもの。 石油から抽出される合成界面活性剤を使用しているタイプで、コストを安く作ることができる一方、人体や環境への悪影響が指摘されています。 薄毛対策の人は避けた方がよいタイプです。

それから高級アルコール系。こちらも石油から作られているもので、多く出回っています。 高級と言っても価格が高いわけではなく、炭素の数が多いことからこの名称がつけられています。石油系と同様、コストが安く、人体への影響の不安があります。

薄毛・育毛対策向けといわれているのが石鹸系。文字通り石鹸から作られたシャンプーです。 ガサガサしやすい、石鹸カスが出るなどの欠点もあるものの、安全性が非常に高く、汚れをしっかり落としてくれる点が大きなポイントです。

それからアミノ酸系。アミノ酸を原料に作られているシャンプーで、刺激が弱く頭皮に不要な刺激をもたらすことなく使用できる点が薄毛・育毛対策に適しているといわれています。 その一方、やや価格が高いこと、洗浄力に劣る点などにマイナス点があります。

このように、シャンプーにもさまざまな種類があり、それぞれ長所と欠点があります。自分の好みと頭皮・毛髪の状況に合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。



スポンサード リンク