間違ったドライヤーの使い方 | 女性の薄毛の原因

こんなドライヤーの使い方をしていませんか?

女性の薄毛,薄毛対策,薄毛の原因,ドライヤー,自然乾燥

頭髪のケアを行う際に注意したいのがドライヤーです。

 

使い方を間違えると薄毛の原因となったり、ますます進行させてしまうことがあるからです。

 

たとえば、ドライヤーを十分にかけなかった場合。髪の毛が生乾きの状態で長時間さらされることになります。

 

そうなると頭皮が蒸れてしまい、雑菌が繁殖する絶好の条件を提供することになります。

 

また、自然乾燥に任せた場合、その過程で水分が余計に蒸発してしまうこともあります。
これらは前者は就寝時や夏場に、後者は乾燥した冬場にとくに注意が必要となります。

 

一方、ドライヤーのかけすぎも要注意。とくに頭皮に直接ドライヤーの熱風を当てるようなかけ方は、頭皮に大きなダメージをもたらすことになります。

 

毛髪をしっかりと乾かそうと意識しすぎるあまり、ついついドライヤーを頭に近づけてしまいがちですが、 頭皮が軽い火傷状態になってしまったり、そこまでいかなくても、ダメージによって血行不良などの問題が発生します。

 

思い通りにならないので、何度も何度もドライヤーを使用する方もいますが、髪を損傷させてしまっていることになります。

 

自然乾燥と合わせて使用しよう

 

では正しいドライヤーのかけ方とはどのようなものなのでしょうか。

 

まずドライヤーを意識して離して使用すること。それから毛髪を乾かす際には自然乾燥と合わせて使用すること。

 

まず軽くドライヤーをかけたうえで自然乾燥を促し、しばらく経ってから改めてドライヤーを使用します。ほとんど乾いた状態になったら、改めて自然乾燥に任せてしまう。

 

すべてをドライヤーで乾かそうとしないことが頭皮に負担をかけない重要なポイントとなるでしょう。

 

ドライヤーは、シャンプーの際には必ず使用するもの。とくに髪が長い女性の場合は、ドライヤーとの付き合いが重要になってきます。 正しい使い方を踏まえておくようにしましょう。

 

 
page top