出産経験のある人 | 女性の薄毛の原因

出産後に抜け毛が増える場合がある

30代女性,薄毛対策,薄毛の原因,出産,妊娠

 

女性の間で薄毛の悩みが増えている状況ですが、女性の薄毛の中には男性にはない特殊なケースがあります。 それが出産からくる女性の薄毛です。

 

出産経験がある人なら、産後に急激に脱け毛の数が増えた経験があるのではないでしょうか。
その大きな特徴はとにかく急に、大量の脱け毛が発生すること。

 

次から次へと髪の毛が抜けていき、薄毛の状態に陥ってしまうケースも少なくありません。
はじめての出産になる方はパニックになってしまうかもしれませんが、後述するように時間経過で元に戻るので、あまり心配しすぎる必要はありません。

 

時間が経てば自然に戻るので心配しないで

 

ではなぜこのような症状が起こるのでしょうか。原因は2種類あると言われています。

 

まず妊娠中に胎児に栄養をまわしたため、発毛・育毛に必要な栄養分が不足していること。
摂取された栄養素は生命の維持に必要な部分に優先的に回されるため、毛髪に十分な量が行き渡らないケースが多いのです。

 

もうひとつはホルモンの影響。出産の前後になるとエストロゲンという女性ホルモンの分泌が増加していきます。 これによってホルモンのバランスが崩れてしまい、毛髪の寿命が短くなるのです。

 

毛髪の成長期が早めに終わってしまい、休止期に移り、さらに出産後に脱毛の増加となって現れることになります。

 

このように、個人差こそあるものの、出産による女性の薄毛は避けられない面があります。

 

対策よりも脱け毛の増加と薄毛がストレスをもたらし、心身の健康状態に悪影響を及ぼさないようにすることが重要です。

 

この手の脱毛は、女性ホルモンのバランスが正常に戻る産後半年くらいを機に正常に戻るといわれています。どうしても気にかる方は産婦人科の医師に相談してみましょう。

 

 
page top