Q.ヘアカラーをするのはやっぱり髪に悪いですか?

前後でのダメージケアが不可欠

ヘアカラーをするのはやっぱり髪に悪いですか?

 

ヘアカラー,薄毛対策,薄毛Q&A,ダメージ,脱毛症

 

結論を言ってしまえば「はい、悪いです。」となります。ただ、ヘアカラーを楽しむ人は多いですし、ヘアサロンの主力メニューでもあるので、完全にやめるのは無理というものでしょう。

 

男性には自然な黒髪が好まれることが多いですが、女性もイメージを変えて気分転換したり、服装と合わせておしゃれを楽しみたいことだってあります。

 

まずカラー剤は、大きく分けて次の3つに分類できます。

 

  1. 酸化染毛剤(ヘアマニキュア)
  2. 酸化染毛剤(2剤タイプ)
  3. 脱色剤(ブリーチ)

 

それぞれ染まる仕組みが違います。

 

ヘアマニキュアの場合、髪の表面やその一部にイオン吸着させます。髪へのダメージはほとんどありませんが、明るい色は出にくくなります。

 

そして、通常ヘアカラーというと、1剤と2剤の酸化染毛剤を指します。1剤には、主にアルカリ剤、酸化染料、調色剤(カプラー)、直接染料が配合され、2剤には、過酸化水素水が配合されています。

 

この酸化染毛剤(2剤)は、基本的に髪の内部の構造に作用するので、染めると髪にダメージを与えてしまいます。自分で染めてもサロンで美容師に任せてもこれは同じです。

 

ただし、サロンでヘアカラーを行う場合は、ヘアカラーの前後にPPTや水分を補うことで、現状を維持したり、健康な毛に近づけることはできます。PPTとはペプチドのことで、アミノ酸の集合体です。

 

自分でヘアカラーをするときは、前後でトリートメントなどのケアが不可欠です。

 

 
page top