Q.ハゲはやっぱり遺伝するものなんですか?

遺伝の影響が強いのは男性型脱毛だけ

ハゲは遺伝するものなのですか?

 

30代女性,薄毛対策,遺伝,よくある質問,脱毛症

 

薄毛・ハゲは遺伝するのかという質問をよく受けます。たとえば、「お父さんがハゲているから、その子どももハゲてしまうのか?」というものです。

 

たしかに、ハゲは遺伝との関わりも深いですが、それは男性型脱毛の場合です。

 

男性ホルモンの遺伝子の中には「DHT(ジヒドロテストステロン)」という物質が高濃度に見られ、これがヘアサイクルの成長期を短くしている原因と考えられています。

 

DHTは5αリダクターゼという酵素によってテストステロンから作られます。この酵素によって、髪が長くなる前に抜けていってしまうのです。つまり、薄毛の遺伝とは、5αリダクターゼの遺伝ということになります。

 

テストステロンの分泌量は、個人差はあまりありませんが、5αリダクターゼの分泌量は人によってかなり違うので、薄毛になる人とならない人の差はここではないかといわれています。

 

一方で女性型脱毛の場合は、男性ほど遺伝による影響はないと考えられています。

 

多くはストレスやダイエット、その他の不規則な生活習慣によるものが大きいとされています。また女性の場合、髪を強く結ったり、間違ったシャンプーやドライヤーの使い方も要注意です。

 

 
page top