Q.脱け毛と季節って関係あるの?

夏場の紫外線による頭皮へのダメージが秋ごろにあらわれる

脱け毛と季節って関係あるの?

 

30代女性,薄毛対策,薄毛の悩み,季節,抜け毛

 

脱け毛に悩まされている人にとって、季節ごとの脱け毛の本数はやはり気になるものではないでしょうか。

 

日ごろから脱け毛をチェックしている人は、季節ごとに量が変化することに気づいていると思われます。そうです。脱け毛と季節の間には大きな関係があります。

 

よく言われるのは、秋が脱け毛の季節であること。実際9月〜10月にかけては、1年間でもっとも脱け毛が多い季節と言われています。どうしてでしょうか?

 

それは暑い夏が大きな原因となっています。夏場は暑さによって頭皮が蒸れてしまったり、強い直射日光を浴びて頭皮が紫外線でダメージを食らったりと、頭皮と毛髪に悪い環境が重なってしまいます。

 

この時期に毛髪の正常な成長が妨げられてしまうことで、秋に脱け毛となってあらわれるのです。

 

毛髪には成長期、退行期、休止期の3つのサイクルに大別されます。夏場の過酷な環境はこのサイクルを乱してしまい、成長期を短くさせてしまいます。

 

そして、毛髪の寿命そのものが短くなり、秋になって本来よりも早く寿命が尽きた毛髪が抜け始めます。その結果、発毛とのバランスが崩れてしまい、薄毛が目立つようになります。

 

一方、冬場は脱け毛が少ない季節と言われます。 頭皮にダメージをもたらす要因が少ないこと、秋に増えた脱け毛がひと段落することなどが要因として考えられます。

 

その代わり、春先から夏にかけて、6月から7月くらいにかけてまた脱け毛の数が増えてくることになります。

 

こうしてみるとやはり暑い時期、頭皮に負担がかかる季節に、いかにうまくケアをするかが脱け毛を抑える重要なポイントであることがわかります。季節と脱け毛の関係とヘアサイクルはしっかりと把握しておきたいところです。

 

 
page top