Q.髪を毎日洗っていても頭皮のベタつきが気になります。

しっかり洗っていてもべたつく場合は原因を見つけよう

髪を毎日洗っているのですが、頭や髪がベタついてしまうのはなぜですか?

頭皮のベタつきは毛穴を詰まらせてしまい、炎症を起こしてしまったり、頭皮の血行を妨げてしまうといった問題を起こすことになります。

 

ではベタつきはどのようにして発生し、どうすれば改善することができるのでしょうか?

 

頭皮のベタつきの原因は皮脂によるものです。実は、頭皮は人間の体の中でも皮脂分泌量が多い場所です。毛穴は大きく、その数も多いので、皮脂でベタつきを感じている人は多いでしょう。

 

本来、皮脂は皮膚の水分やバリア機能を維持するために欠かせない存在なのですが、分泌量が過剰になってしまうとベタつきをもたらしてしまいます。

 

「でも私は毎日髪を洗っているよ!」という声も聞こえてきそうですが、汚れの洗い残しも多いのです。十分に洗ったつもりでも汚れが残ってしまうことがあり、それが酸化して雑菌を招き、臭いやベタつきになってしまいます。

 

シャンプーの泡で汚れを包み込んで、髪になじませるようにしっかり洗い流しましょう。自分の洗い方には癖があるものなので、やり方を変えてみるのもひとつの方法です。

 

また、ベタつきを改善するためには、皮脂の分泌量を抑制しなければなりません。
そのためには分泌量を増やしている原因を特定し、改善する必要があります。

 

原因としてはまず食生活の乱れが挙げられます。とくに糖分、脂分の多い食生活は直接的な原因となるので要注意!栄養バランスのとれた食事を心がけるようにしましょう。

 

それからストレス。ストレスの蓄積がホルモンバランスを見出し、皮脂を増やす男性ホルモンの活動を活発化させてしまいます。女性にはあまり関係ないように思える男性ホルモンですが、じつはこれが原因でベタつきに悩まされる女性も増えているのです。

 

このように、頭皮のベタつきは皮脂の分泌量と深い関わりがあります。悩まされている人は自分の生活習慣をまず見直してみてはいかがでしょうか。

 

 
page top