分娩後脱毛症とは | 脱毛症の症状・原因・治療

出産経験者にあらわれる脱毛

女性の薄毛,薄毛対策,分娩後脱毛症,原因,対策

 

女性特有の脱毛症に分娩後脱毛症があります。これはその名の通り、出産後に急激に脱け毛が増える症状のことを言います。出産経験者なら必ずといっていいほど経験する症状です。

 

個人差がありますが「こんなに抜けて大丈夫なのか」「何か病気にかかっているのでは?」と不安に思うほど、大量の脱け毛が発生する場合も珍しくありません。

 

なぜこのような症状が発生するのでしょうか。その理由は2つあります。

 

まず妊娠中の体内の栄養バランスの状況。妊娠中は必要な栄養が胎児へ回されます。そのため、妊婦自身が栄養不足の状況に陥ってしまうのです。

 

毛根部への栄養はもっとも最後に回ってくるもので、健康状態に問題がないレベルでの栄養不足も、毛髪には大きなダメージとなるのです。

 

もうひとつの要因はホルモンバランスの乱れ。出産前後になると女性ホルモン、とくにエストロゲンが増加し、体内のホルモンバランスが乱れます。それが毛髪の成長にも大きな影響を及ぼし、成長期から休止期への変化を進めてしまいます。

 

その結果、毛髪の寿命が短くなってしまい、脱け毛が増えるようになります。この2つの要因が重なることで産後に急激に脱け毛が増えることになります。

 

数ヶ月で自然に元に戻る

 

しかしこれはあくまで一時的なものです。症状が続くのはだいたい6ヵ月程度で、栄養とホルモンのバランスが元通りになると脱け毛の数も元に戻ります。

 

ですからそれほど心配することではなく、逆に脱け毛がストレスの要因にならないよう注意する必要があります。

 

産後はさまざまな面でストレスと不安にさらされやすい環境にありますから、 脱け毛が精神的な負担にならないよう、産婦人科の先生の説明をよく聞いておきましょう。。

 

 
page top