批糠性(ひこうせい)脱毛症とは | 脱毛症の症状・原因・治療

フケが原因になって頭皮に炎症が起こる

女性の薄毛,薄毛対策,批糠性脱毛症,原因,皮膚科

 

脱毛症の種類にはさまざまなタイプがありますが、その中でも特殊な部類に入るのが批糠性(ひこうせい)脱毛症です。これはフケが原因によって頭皮に炎症が発生してしまい、脱け毛をもたらしてしまう症状のことです。

 

粃糠とは「役に立たないもの」という意味で、フケや古い角質等の「役に立たないもの」によって毛穴が詰まってしまい、それをエサに雑菌が繁殖していくことで炎症が発生します。

 

この仕組みは、皮脂が毛穴を詰まらせる脂漏性脱毛症と似ています。 実際、この2つの間には密接な関わりがあります。皮脂がフケになって雑菌のエサになるケースもあるからです。

 

ただ、批糠性脱毛症の多くは皮脂が原因ではなく、剥がれ落ちた頭皮の角質によってもたらされるといわれています。

 

角質が異常な状態になり、ボロボロと剥がれ落ちてしまう状態になると、それがフケとなって雑菌のエサとなるのです。

 

この状態は頭皮が乾燥するなど、かなり極端に健康状態が悪化していることを意味します。

 

病院の皮膚科で診察を受けよう

 

男女問わずフケ症に悩まされている人も多いでしょう。それだけに批糠性脱毛症は気になるもの。

 

しかし実際のところ、フケが多いからといって必ず批糠性脱毛症のリスクが増えるというわけではありません。この脱毛症はかなり珍しいタイプであり、フケが多少気になる程度で発症することはありません。

 

毛穴を塞ぐくらい多くフケが発生し、洗髪を行っても十分に除去できないくらい異常な状態になると発症するケースが多くなります。

 

この脱毛症の場合、頭皮の異常な状態をまず改善することが第一となりますから、皮膚科で診察を受け、正しい治療を行うことが重要になってきます。

 

自分のケアでは十分に対処できないため、発生が疑われる場合にはできるだけ早く受診することが求められます。

 

 
page top