ヘアケアの方法・薄毛の予防と対策

ヘアケアの方法・薄毛の予防と対策記事一覧

薄毛・育毛対策のための頭皮ケアの重要性が指摘されるようになっています。とくに女性の薄毛が増加するようになったことでその傾向が高まっています。女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症と呼ばれるもので、日常の誤った頭皮ケア・ヘアケアが原因で発生しているといわれています。男性のように遺伝的な要素は少ないため、ケアさえしっかり行えば改善することも可能なのです。年齢を重ねるごとに髪のうねりが激しくなったシャンプーの...

エステやサロンが人気を集めている状況ですが、そのスタイルやコースは年々多様化が進んでいます。施術もどんどん変わってきており、カットの技術、カラー、パーマの薬剤など、あらゆるものが進化しています。かつては美容目的の施設が一般的でしたが、近年では現代社会のニーズに応える形で健康・リラクゼーション目的の施設も増えています。そんな中でもとくに近年増加し、注目されているのがヘッドスパです。ヘッドスパとは、そ...

ヘアケアに意識してシャンプーを活用する場合、シャンプーの方法だけでなく製品の選択も重要なポイントとなってきます。薄毛に悩まされている人、あるいは頭皮の状態ごとに選ぶべきシャンプーの種類が異なってくるからです。そのためには、シャンプーにはどのような種類・選択肢があるのかをあらかじめ知っておく必要があります。シャンプーの分類方法はいくつかありますが、薄毛対策・育毛目的においてはとくに成分による分類が重...

髪を洗うときのお湯の温度については、「熱めのお湯でさっと洗い流すほうがいい」という人がいますが、これは頭皮に負担をかけて乾燥しやすくなってしまうのでよくありません。洗顔するときと同じように、「ぬるめのお湯でやさしく洗い流す」のが鉄則です。具体的に温度でいうと、38〜40度が目安です。給湯器で設定しておきましょう。このような設定のぬるま湯であれば、頭皮や髪に負担をかけずに、皮脂や髪についた汚れもしっ...

みなさんも理解している通りシャンプーの役割は、余分な皮脂や髪についた汚れを洗い流すためにあります。頭皮に皮脂がつまってヘアサイクルが乱れると、抜け毛や薄毛の原因になりますから、毎日のシャンプーでしっかり頭皮の汚れを落としていきましょう。一方で、リンスやコンディショナー、トリートメントの違いは何なのかを聞かれると、言葉に詰まってしまう方が多いのではないでしょうか。「リンスやコンディショナーは、シャン...

男性はともかく、女性でもあまり美容に関心がない方は、「アウトバストリートメント」という言葉すら聞いたことがない人も多いかもしれません。でもヘアケアのためには非常に重要なアイテムなので、知らなかった人は今日から覚えていきましょう。アウトバストリートメントとは、その名前の通りお風呂の外で使う洗い流さなくていいトリートメントのことです。普段、お風呂の中で使っているトリートメントは、「インバストリートメン...

10代、20代の若い頃の頭皮の毛穴は、深くて入り口も閉まっていましたが、30代以降で年齢を重ねてくると、浅くなって広がってしまいます。毛穴が広がってしまうと髪が抜けやすくなって、薄毛が目立つようになります。また、頭皮のゆるみは、フェイスラインのたるみを引き起こすので、髪だけでなく顔全体の美容の問題にまで発展してしまいます。そこで、日常から髪と頭皮のためのエイジングケアが必要になります。みなさんはス...

薄毛対策には正しいシャンプーの方法が欠かせません。にも関わらず、多くの人が間違ったシャンプーを行い、頭皮にダメージをもたらしてしまっている状況です。毎日行うことだけに、そして積み重ねが結果に大きな影響を及ぼすだけに、正しい方法を把握しておきたいものです。正しいシャンプーの方法はシャンプーを使用する前からはじまります。プレシャンプー、予洗いと呼ばれるものです。 汚れの7割ほどはこの前段階の予洗いで落...

シャンプーの後は、まずタオルで髪の水分を拭き取りますが(タオルドライ)、このとき髪のキューティクルを傷つけないように十分注意しなければなりません。お風呂上がりの濡れた状態の髪は、みなさんが想像している以上に無防備で繊細になっています。男性のようにゴシゴシと力を入れて拭く方もいますが、摩擦が生じて髪を傷めてしまうので絶対にNG!また、濡れた状態でのブラッシングも、同じように髪を傷めてしまうのでNGで...

年齢を重ねて30代を過ぎると、ヘアサイクルが短くなるので毛髪の量は減ってしまいます。薄毛の原因はほかにもさまざまありますが、加齢の影響は避けられずどうしても薄毛となってあらわれ、多くの女性の悩みとなっています。薄毛で地肌が目立つようになると、ウィッグ(おしゃれのためのかつら)をつけることも検討しなければなりません。ただし、ウィッグはあくまでも体外用の応急処置なので、体の中からの根本的な解決にはなり...

page top