髪と頭皮のためのエイジングケア

頭皮専用のエイジングケアは必須

エイジングケア,薄毛対策,ヘアケア,ディープクレンジング,頭皮

 

10代、20代の若い頃の頭皮の毛穴は、深くて入り口も閉まっていましたが、30代以降で年齢を重ねてくると、浅くなって広がってしまいます。

 

毛穴が広がってしまうと髪が抜けやすくなって、薄毛が目立つようになります。また、頭皮のゆるみは、フェイスラインのたるみを引き起こすので、髪だけでなく顔全体の美容の問題にまで発展してしまいます。

 

そこで、日常から髪と頭皮のためのエイジングケアが必要になります。みなさんはスキンケアには熱心な方が多いですが、頭皮のエイジングケアとなると、あまり関心がない方がいらっしゃいます。

 

ふつうに毎日欠かさずシャンプーやリンスをしていれば大丈夫と思うかもしれませんが、毛穴につまって角栓化してしまった汚れは、シャンプーをするだけでは簡単に落ちないのです。

 

汚れが落ちないからといって、無理に力を込めてゴシゴシ擦るのはもちろんNG。頭皮に必要な皮脂や水分が失われるだけで、かえって頭皮の状態を悪化させてしまうことになりかねません。

 

頭皮クレンジングの方法

 

そこで、抜け毛予防のために週1〜2回、頭皮専用のクレンジング剤を使ったディープクレンジングを習慣にしていきましょう。ディープクレンジングとは、単なる化粧落としのためではなく、毛穴の汚れや古い角質を取り去る目的で行われるクレンジングのことをいいます。

 

もちろん、エステやヘッドスパ専門店も受けることができますが、市販されている専用のオイルを使って自宅で頭皮クレンジングすることもできます。以下の手順でやってみてください。

 

  1. まずはヘアブラシで頭皮を軽くマッサージしましょう。髪は乾いたままでかまいません。
  2. オイルを適量手に取り、頭頂部を中心に頭皮につけていきます。リンスやコンディショナーは頭皮ではなく髪につけますが、頭皮クレンジングでは頭皮につけていきます。
  3. 指の腹を使って頭頂部から下に向かって、軽く指圧しながらマッサージを行います。毛根を刺激するイメージでオイルをなじませていきましょう。
  4. 最後はしっかりすすいで洗い流します。クレンジングオイルは乳化するので、簡単に洗い流せます。その後、シャンプーやリンスを行います。

 

1回頭皮クレンジングをするだけで、頭皮がすっきりするのが実感できると思います。人によってはオイルが肌に合わない場合があるので、いろいろ試したりしましょう。

 

 
page top