リンス、コンディショナー、トリートメントの使い分けと効果

リンス、コンディショナー、トリートメントの役割とは

リンス,コンディショナー,ヘアケア,トリートメント,シャンプー

 

みなさんも理解している通りシャンプーの役割は、余分な皮脂や髪についた汚れを洗い流すためにあります。頭皮に皮脂がつまってヘアサイクルが乱れると、抜け毛や薄毛の原因になりますから、毎日のシャンプーでしっかり頭皮の汚れを落としていきましょう。

 

一方で、リンスやコンディショナー、トリートメントの違いは何なのかを聞かれると、言葉に詰まってしまう方が多いのではないでしょうか。

 

「リンスやコンディショナーは、シャンプーの効果を高めるおまけ」という人がいました。それも完全に間違いではありませんが、もう少し詳しくそれぞれの役割・効果をしっかり頭に入れておくといいでしょう。

 

まず、髪の表面を油分でコーディングして保護し、シャンプー後のきしみを防いで、キューティクルの傷みを防ぎながら指通りを良くする効果があるのが、リンスとコンディショナーです。

 

リンスは髪の水分の蒸発を抑えることができますが、あくまでコーディングが役割ですので、髪の内部にまで成分は浸透しません。

 

コンディショナーも役割はリンスとほぼ同じですが、より髪の毛の表面を整える力が強いものをコンディショナーと呼んでいます。リンスにさらに保湿効果を高めたものをコンディショナーと呼ぶ場合もあります。

 

そしてトリートメントですが、リンスやコンディショナーと大きく異なる点は、髪の内部まで補修成分が浸透するので、髪の内側からダメージを回復させることができることです。

 

表面が傷んで内部のたんぱく質が溶け出してスカスカの状態になってしまった髪に、栄養や油分を補って内側から髪を回復させるのがトリートメントの役割です。

 

リンス、コンディショナーを頭皮に塗らないように注意!

 

リンスやコンディショナーは、髪のコンディションを整えるためのものです。頭皮につけるためのものではありませんので、髪のダメージが気になる部分につけるのが正解です。ショートカットの方は毛先のみでOKです。

 

頭皮にまで塗りたくって、すすぎが不十分なままで炎症を起こした人も多いので注意してください。

 

また、リンスやコンディショナーの効果をもっと得ようとして、髪になじませたあと時間をおいている方もいますが、これは意味がありません。時間をおかずにすぐに洗い流しても、しっかり効果はあらわれるので大丈夫です。

 

すすぐときは、髪にぬめりが残らないようにしっかり洗い流しましょう。

 

トリートメントも使いすぎに注意!

 

トリートメントについては、髪のダメージが気になる場合は内側からしっかり補修する目的で使うのがいいでしょう。時間がないときはリンスやコンディショナー、時間に余裕があるときはトリートメントも、という使い分けをしている方もいるようです。

 

トリートメントの使用の際は、リンスやコンディショナーと同じように、製品に記載されている用量を守ることがたいせつです。

 

たっぷりつけたからといって、効果が高まって髪がキレイになるというわけではありません。髪が吸収できる有効成分の量にも限界があるので、一定以上は浸透しないのです。

 

おすすめなのは、ホットタオルで髪を包んで浸透しやすい状態をつくること。髪がやわらかくなれば浸透した合図なので、その後は十分に洗い流しましょう。

 

トリートメントの頻度は人によって異なる場合がありますが、1週間に1回が目安です。ダメージがとくに気になる場合は2回にしてみるといいでしょう。

 

 
page top