頭皮ケア(ヘアケア)はなぜ重要なのか

頭皮の環境を整えよう

女性の薄毛,薄毛対策,頭皮ケア,ダメージ,育毛

 

薄毛・育毛対策のための頭皮ケアの重要性が指摘されるようになっています。とくに女性の薄毛が増加するようになったことでその傾向が高まっています。

 

女性の薄毛の多くはびまん性脱毛症と呼ばれるもので、日常の誤った頭皮ケア・ヘアケアが原因で発生しているといわれています。

 

男性のように遺伝的な要素は少ないため、ケアさえしっかり行えば改善することも可能なのです。

 

  • 年齢を重ねるごとに髪のうねりが激しくなった
  • シャンプーのときに髪がたくさん抜け落ちるようになった
  • 白髪が日に日に目立ってくるようになった

 

など、20代のころは髪に問題がなくても、30代をピークに気になる部分が顕著にあらわれてきます。

 

ではどうして頭皮ケア・ヘアケアが重要になってくるのでしょうか。それは頭皮の環境が発毛・育毛に大きな影響を及ぼすからです。

 

頭皮を傷める原因をなくそう

 

たとえば頭皮の血行不良。他の部分と同じように、血行が滞ると血液による栄養の運搬が十分に行われなくなります。その結果、毛根にある毛を作る毛母細胞に十分な栄養が行き渡らなくなり、髪の毛の量が減ったり、細くなってしまうといった問題が発生します。

 

頭皮の血行はストレスや食生活の乱れなど日常生活の問題によって発生するほか、ドライヤーのかけすぎや洗髪の際に強く擦りすぎる、 洗浄力の強すぎるシャンプーを使用するなどの誤ったケアも原因となります。

 

それから頭皮へのダメージ。血行不良とも関わってくるものですが、日々の生活の中で頭皮を傷めてしまっているケースも多いのです。それが毛穴を詰まらせたり、乾燥させてバリア機能を低下させてしまうことで炎症などのトラブルをもたらすことになります。

 

たとえばパーマやブリーチ剤の使用、とくにブリーチ剤が頭皮に付着し、毛穴を詰まらせてしまうことで頭皮が傷んでしまう女性が多くいます。

 

また、清潔意識が強すぎるあまり、頭皮の肌質に合わない刺激の強いシャンプーを使用することでダメージをもたらすこともよくあります。

 

頭皮ケアはこうした問題を防ぎ、頭皮と毛髪をいたわることで毛が再び生えてきやすい環境を整えることが目的となるのです。

 

 
page top