毛髪のpHは4〜6の弱酸性がベスト!

pHってなに?

pH(ペーハー)という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

学校の理科や化学の授業で習ったはずですが、「そんな昔の学生のことなんて覚えてないよ」という方も多いかもしれません。

 

pHは、酸性・アルカリ性の強さを測定する単位です。0〜14までの数値で表し、中心の7が中性、数値が上がるほどアルカリ性が強くなり、下がるほど酸性が強くなります。

 

人間の髪の毛や皮膚の主成分のケラチンというタンパク質は、pHでいうと4〜6の弱酸性です。
このときの分子のつながりが一番丈夫で安定した状態となります。

 

この安定したpHのことを「等電帯(等電点)」といいます。髪の毛のpHは、常にこの等電帯を維持するように心がけましょう。

 

pH,30代弱酸性,たんぱく質,ペーハー,ヘアケア

 

市販されている弱酸性(pH5くらい)のシャンプーを使うのもおすすめです。

 

ちなみに、カラーやパーマ液はpH9以上のアルカリ性となっています。
髪の毛は酸性には比較的強いですが、アルカリ性には弱いので、使い続けるとダメージにつながってしまいます。

 

 
page top